DHEAホルモン 別名【若返りホルモン】

ラジオを聴いていましたところ、DHEAホルモン、別名若返りホルモンというものがあるそうです。若返りホルモンと聴けば気になりますが、近年注目をあびているホルモンだそうです。

DHEAホルモンは副腎皮質ホルモンの1つであり、男性ホルモン(テストステロン)、女性ホルモン(エストロゲン)を作る大元になっているホルモンで、 生まれたときから副腎、生殖腺で作られ続け、20才くらいがピークとなり、通常はそれ以降年齢を重ねるごとに下がっていくという。70代ではピーク時の20%程度に。

では、DHEA、性ホルモンは外部から補ってやることはできるのか? ラジオでは、唾液を出せ、つまりものをよく噛んで食べなさいと言っておりました。 DHEAのホルモンレベルが高い人ほど、唾液の量が多い傾向があるという。

しかしその為だけによく噛むというのはめんどうで、そうそう出来るものではない、と思いますが。

でも食事はよく噛んで食べなさいというのは昔から言われている事ですよね。実はよく噛むでものを食べるというのは若返りホルモンに限らず、健康の為にも非常に理にかなっているのです。

書籍から引用しますと、

米やパンや麦や芋類のような澱粉質の食物を栄養学では含水炭素と総称するが、米や麦はどのように消化するのであろうか。

多くの人は、米も魚も肉も食べれば胃が消化すると思っているが、大変な思い違いで、含水炭素は唾液が消化するのです。

噛んでいる中に唾が出て食物に付き、飲み込むと胃の中で唾液の消化酵素プチアリンが、段々と米や麦を溶かしていく。

 

これが消化なのである。 魚や卵や肉のようなたんぱく類は胃液のペプシンという酵素が消化する。たんぱくの消化にも咀嚼ということは必要である。

ろくろく噛まないで胃へおくりこむと胃は途方に暮れてしまい、胃病になる。——

とにかく、意識して、食事はよく噛んで食べると言うのを習慣づけた方が、すべてにおいて良いのだなと思いました!

 

便利屋サービス 練馬区